« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の2件の投稿

2008年4月29日 (火)

赤坂カントリー

ホームの競技@絶好の天気
アイアンを急遽以前使っていたものに戻して参戦

△ ― ― ― ― ― △ ― ○ 15パット

+3 △ △ ― ○ ― □ ― ○ 17パット

前半(アウト)は粘り強くパーを拾う。
スタートの1番ミドル
(125ヤードから9アイアンでバン入り目玉)
の沢田は仕方ないとして、

7番ミドル(80ヤードからSWでバン入り目玉)の沢田は猛省。
9番ロングは予定通り○がとれた。

事件は後半(イン)の出だしで起きた。
440ヤードの緩やかに登っていくミドル。

ここのティショット難しいのだが、
久しぶりに良いのが打てて「よしっ」と
思ったのがいけません。

セカンド一番奥のピンを狙撃しようと
センターなら6アイアンでいいのを欲をかいて5アイアン。
案の定、オカマをほり寄りようがない奥の左足下がり。
湯気が出て4パットのオマケつき。

次の11番ミドル、ドライバーが当たればワンオン可能。
風もフォロってたし、
フンフンいって「どうじゃ~~」の会心の当たり。
いいとこついたじゃろ~とルンルンでグリーンにつくと、
なんと明らかにバンカーレーキに跳ねて入りました
ってな感じ。しかも足跡(核爆)。楽々沢田。

12番ショート(192ヤード)は、
5アイアンをカチ回してまたもオカマ。楽々沢田。

14番ミドルはチップイン。
久しぶりなので思わず昇天しそうになる。

15番、17番のロングはせっかく
ほぼ2オンみたいなとこからどっちも取れず。

16番ショートはアゲインストとみて1クラブあげたら
風がやんでオカマ。
往復ビンタダボチンスキー。

18番ミドルは、ティショット「ちい」
気味で左ラフ(100ヤード)。
手前から奥へ早いグリーンにどう止めるか。
出来るだけフワっと高くゆっくりと飛ばす。
できた。ピン手前5mに落ちて1mで止まった。
なんとか○で〆れてご機嫌。

今日の教訓。
玄関あけてただいままで「よしっ」ではない。

写真は2番ミドル。
打ち下ろし直角右ドッグで、風のよい時はワンオン可能。
(狙ってもバーディどころか沢田になるので、
今は狙うことはありません笑)

1209461215

2008年4月24日 (木)

赤坂カントリー

昨日はホームへ。
ラウンドは1ヶ月近くぶり。
ゴルフ場の景色に目がついていかず、
コースにのみこまれてしまった。
練習場ではまずまずの感じで打てていたが、
そんなものは全く役に立たない。
「練習場シングル」の意味がやっとわかりました。

インスタート

△ ― ― ― △ ― ― ― ― 18パット

― △ △ △ △ ― ― ― ○ 14パット

スコアには現れてないが、ひどいゴルフでした。
寄せワンをほとんど逃したのが忌々しい。
○より△を少なくいけたほうが精神的には充実する。
拾ってつなげてみたいな。
目標を見いだせず、
ゴルフそのものへのモチベーションが落ちている。
いましばらく流れにまかせていくしかないようだ。
写真は、昼食の「ちらし寿司」。
だから、ショットが散ったのかな(笑)

1209030035

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »